2009年6月23日 (火)

長時間離脱

朝に2度寝で離脱。部屋から窓の外で出る。離脱中、幽体がぼやけてきた時に、何度か両手を見ながらクリアと唱える。これが有効なのか、しだいに幽体が安定してきた。トンネルのようなところをとおり、途中でカレーが売ってたのでカレーを一口食べて、容器を置く。その後に商店街に出て、黒人の少年と会う。英語でcan you speak English?と聞いたが反応がないので、日本語で話したら、意思が通じた。ナンバーズの事が気になったので今いつの時代だろうと思って、店のカレンダーを確認すると平成3年だった。別の店でカレンダーを確認すると昭和10年だった。さっきの黒人の少年に店によって時代が違うんだからここは現実世界ではない。君は離脱してるかもう死んでるかのどちらかだと言う。その少年も、そうだとうなづく。
そして、しばらく別世界をうろついて肉体に戻って終了。
---今回は両手を見ることによって、集合点を固定させることができたので、長時間離脱ができたのだろう。次のステップとして、第2の体で意図することを課題にしよう。

 

2009年6月20日 (土)

夢見で行った部屋へ

昨日、学生時代に気になっていた女の子の部屋に行く夢をみた。かなりリアルな夢だったが意識ははっきりしてなかったので夢に留めていた。
そして今日の朝、夢の中で夢と気づき、その女の子に行く意図をもつと、移動した感覚があり、家の中に入ると、そこは昨日夢の中で見た部屋だった。赤いイスとピアノが置いてあり、その女の子にまた会った。ただし今度は意識がはっきりしているので自分でも驚いた。その後2階に上がると3人の子供と旦那がいて、ゲームが置いてあったのでゲームの話とか、今日は7:00から仕事なんだとかいう話をした。旦那は初めは自分に気づかないようだったが、後で気づき姿は変えられるのかと聞いてきた。そのうちにパワーがなくなってきて、目が覚めて終了。
この件の解釈としては、カスタネダのいう夢見の第2の門の非有機的な存在に会ったのか、もしくは実際に第2の体の本人に会いにいったのか、いろんな解釈があるが、楽しい体験でした。

 

2009年6月 7日 (日)

ナワリズムのページの追加

体脱のホームページの研究室のページにナワリズムを追加しました。
読み始めは難解だが、読めば読むほど、味が出て来るような感じだ。
前半は幻覚性キノコに関するものであまり興味がないので、後半の「呪術と夢見」から「夢見の技法 」までの4冊を中心にまとめました。最後の「無限の本質 」は今後読む予定にしてます。

 

2009年6月 4日 (木)

体脱

朝、昔住んでいた部屋で目覚めて体脱。目の前にインド人の行者らしき存在が現れ手を握る。そのとたん背骨が熱くなりエネルギーを感じる。部屋の中から外に出て、しばらく進み、また部屋に戻ろうと思ったとたんに終了。

{カスタネダのいう夢見の第2の門と符号しているので、少し考えさせられる。夢を見ている夢を見てそこから目覚めるという点と、偵察(インド人)の存在。}