チベット密教

チベット密教の概要     チベット死者の書

チベット密教の概要
 

三脈(中脈、左脈、右脈) 

ルン(気)の体内の霊的な通り道。大きな脈管は、中央脈管、右管、左管で、中央脈管は、左右の脈管に締め付けられているため、通常は真空になっている。

七輪(中脈上の7つのチャクラ) 

生殖輪

臍(へそ)の下から指を横にして4本ぐらいのところにある。仙道でいう丹田の場所。ここでチャンダリーニの行により、内なる火(熱)を発生させる。

海底輪

生殖器と校門の中間あたりにあり、仙道でいう会陰の場所。ここに3階半とくろを巻いた姿のへびで象徴されるチンダリーニのエネルギーが潜んでいる。

 
ゲルグ派
生起次第(しょうきしだい) 曼荼羅を瞑想する。究竟次第の前段階の修行法。
究竟次第(くっきょうしだい)
ルン(風) プラーナ(気)の概念に意識が結びついたもの。ルンをコントロールすることで、体外にルンを飛ばして遠く離れたものを認識したり、他者にルンを送ることで行動をコントロールすることも可能となる。
   
チャンダリーの火 クンダリーニのこと
ティクレ(滴) 心臓のチャクラにある霊魂(輪廻転生しても変わらぬ意識)
倶生の大楽 丹田でチャンダリーの火を活性化させ、ルン(気)に乗せ 中央脈管を上下させることで得られる快楽。
光明 すべてのルン(風)が、ティクレ(滴)に入り、真理を会得すること。死んだ時に見える光(死の光明)と区別して、勝義の光明という。
双入 完全な幻身と光明を体得した最高の境地
ニンマ派
ゾクチェン(大究境) ニンマ派の最高奥義。修行法の多くは謎につつまれている。
カギュ派
ナーロー六法
チャンダリーの火、幻身、夢見、光明、中有、ポワの6つの行。チャンダリーの火の行だけは必須だが、他の行は好きなのを選んですればよい。
チャンダリーの火
イメージと呼吸法によって、丹田に内火を発生させる。
月液
チャンダリーの火を頭頂まで上昇させる。頭頂に上がった火は清涼な月液に変化する。
光明
月液が増加するに従い、至福の境地が出現し、内的な光が見えてくる。
   
幻身
幽体のこと。チャンダリーの火が、中央脈管で凝縮することで出現するといわれている。
   
夢見
夢の中で夢と自覚(明晰夢)して、修行を行うこと。
中有
中有とは死んでから次の世に生まれ変わるまでの期間のこと。中有を理解し最終的には輪廻から解脱するのを目的とする。
 ポワ
頭頂を開き、意識を肉体から出し、阿弥陀如来と一体化する行。

チベット死者の書(ニンマ派) 死んでから次の世に生まれ変わるまでの間を中有というが、臨死体験の実例と類似している。
死の中間の中有(チカエ バルドゥ) 死者が死んでいるのか生きているのか自覚のない状態。自分が死んでいる状況や親族が悲しむ状況が見える。
存在本来の姿の中有(チョエニ バルドゥ) その後、カルマン(生前の業)により、さまざまなヴィジョンを経験する。これらのヴィジョンは、いかにリアルに見えても幻影にすぎないとしている。
再生へ向かう迷いの状態の中有(シバ バルドゥ) その後、六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上界)のどれかに生まれかわるが、「胎の入り口を閉ざす法」により、地獄、餓鬼、畜生への転生を免れることができる。
光明 中有の間に強烈な光を見ることがある。この光を恐れず、自分自身の意識自体の現れだと悟るならば、光と一体になり解脱することができる。