ヨガ

ヨガの概要     チャクラ論      112

ヨガの概要
チャクラ エーテル体には7つのチャクラが存在し、中央のスシュムナー管と左右のイダー管、ピンガラー管によって結ばれている。チャクラが活性化すると超常能力が発揮すると言われる。
クンダリニー 尾てい骨あたりで蛇のようにトグロを巻いて眠っている根源的なパワー。性エネルギー・女性原理(シャクティ)の象徴でもある。
クンダリニーの覚醒 クンダリニーが覚醒して上昇すると、チャクラを開き、頭頂のサハスララ・チャクラに到達すると、シヴァ(男性原理)と女性原理(シャクティ)が合体し解脱の境地を得る。
根本教典のヨーガ8部門の5つ
アーサナ 坐法。
プラーナヤーマ 宇宙に満ちているプラーナ(気)を、イメージを使いながら自分自身に取り込む呼吸法。体内のプラーナを強化して、普段はふさがれている中央のスシュムナー管に、プラーナを通すのを目的とする。
ダーラナ 精神集中。心をある一点にとどめて動かさないようにする。
ディヤーナ 瞑想。ダーラナを続けていると意識しなくても集中が続く状態になる。この対象との一体化がより深くなった状態をいう。
サマーディ 三昧。主体と客体の合一する境地のこと。

チャクラ論

チャクラ
エーテル体には7つのチャクラが存在し、高次元のエネルギーとの回路になっている。チャクラが刺激され開くと、高次元のエネルギー(heigher-self)がより濃密な体に流れ出す。
振動
瞑想や幽体離脱の前に、頭や首や胃に振動や熱が感じられることがよくある。これもチャクラが開いたためである。
クンダリーニ
クンダリニーがムーラダーナ・チャクラから背骨を通って上昇し、サハスララ・チャクラに達する至高体験。その体験はWilliam Buhlmanのいうところの離脱後のhigher-selfとの合一の体験と類似している。ムーラダーナ・チャクラが劇的に開いたため、 莫大なエネルギーが上昇するものと考えられる。
 
  

ヴィギヤン・バイラブ・タントラ  

ヒンドゥー教の聖典の1つ。シヴァがデ-ヴィに112の瞑想の技法を伝授する話からなる。「112」とも呼ばれる。

     
 
第1経
  光り輝く者よ、この体験はふたつの息の間に起こる。
息が入った後、息が出る直前――そこに賜物がある。
     
第2経
  息が下降から上昇に転じるとき、
そして再び息が上昇から下降に転じるとき、
この両方の展開を通じ、覚れ。
 
ここでいう呼吸は、浅い呼吸ではなく、腹まで達する深い呼吸のことである。
     
第3経
  あるいは、入息と出息が融け合うその瞬間、
そのエネルギーなき中心、
エネルギーに満ちた中心に触れよ。
 
中心とは臍の下の丹田のことである。
     
第4経
 

あるいは、息がすべて出終わり、 ひとりでに止まるとき、あるいは息がすべて入り終わり、 止まるとき、そのような全休止において、人の小さな自己は消え去る。
これが難しいのは不純な者のみ。

     
呼気と吸気の間の止息のときには、何も考えず、自我は停止する。その時に真我が覚醒するチャンスがめばえる。
     
     
       
第5経
 

眉間に意識を集中すべし。心を思念のまえに置くべし。息の本質を頭頂部にいたるまで満たし、光を浴びるべし。

     
第三の目に焦点を合わせることによって、息の本質であるプラーナが感じられるようになる。
 
第6経
  日常的生活の中で、ふたつの息の間に注意を保つ。
それを実行していけば、数日のうちに、生まれ変わる。
     
日常生活においても、この呼吸法を実践することで、現実生活も改善する。
     
      
第7経
  額の中央に息をとどめ・・これが眠りこむときに心に届くと・・・・夢と死そのものを支配する。
     

眠りに落ちようする時に、額の中央で息の本質であるプラーナをとどめ、それをハートへ届かせると、夢を支配することができる。

     
      
第55経
  眠りこもうとするとき、すなわち眠りがまだ訪れず、外的な目覚めが消えるとき存在が明らかになる。
     
眠りに落ちる前の眠りと覚醒の間の状態の時に、霊的な存在が明らかになる。