ナワリズム

知覚の泡  

人間の知覚の泡は上の図のように構成されている。最初知覚の泡は開いているが、しだいに閉まりはじめ、大人になると閉じ込められてしまう。普通の人間は理性でしか知覚しないが、戦士はトナールの島を片付けることによって泡の反面は意志で占められるようになる

     
トナール   海に浮かぶ島のようなもの。人の誕生で始まり、死をもって終わる。トナールが縮むと、ナワールが優勢になり、異常なことが起こりうる。強いトナールは縮みやすいトナールで、内部の対話を止めたり、自尊心を失くしたりすることによって、それが可能になる。
     
ナワール   感覚、実在、自己などといった全てのものが、永遠に変わらずナワールの中をただよっている。死とともにあらゆる個々の認識が分離して、それらがやってきたところすなわちナワールに戻る。

    またドン・ファンやカスタネダのような呪術師のリーダーになる資質がある人をナワールと言うこともある。ナワールをエネルギーとして見ると、普通の人のように1つの輝く球ではなく、縦に重なり合った2つの輝く球体として見える。それゆえにナワールは二重構造をしている者とも呼ばれる。
     
理性   理性では、トナールのみを認識できる。
     
意志   臍の下の見えない開口部から放出される力  意志によってのみナワールを目撃できる。
     
見ること   すべてはエネルギーであり、宇宙全体がエネルギーである。エネルギーをエネルギーとして知覚することを、呪術師は見ることと呼んでいる。エネルギーがあれば見ることは自然にできる。
     
内的沈黙   普通の人間は理性によってがんじがらめにされていて、意志を使えない。それゆえ内部の対話を止めて、内的沈黙の状態に至ることが呪術の鍵となる。内的沈黙の最中に働いているのは、その人間を魔法の存在たらしめている別の能力(意志)である。内的沈黙は集められて蓄積されていくので、まず内的沈黙の核を作って、そのあとで訓練するたびにその核を徐々に大きくしていくのようにすればいい。
     

 


 

イーグル(意識の暗い海、無限)   あらゆるものの源になっている漠然とした力。人に意識を授け、人が死ぬときに放棄する豊かな意識を食いつくす。
     
イーグルの放射物  

宇宙はイーグルから放射される光のエネルギーフィールドが無限に集積したものである。人間も同じように光の無数のエネルギーフィールドから成っていて、呪術師から見ると人間は人間のからだの大きさの光の球(卵)として見える。その光の繊維には自覚があって、活きていて、振動していて、量は無数にあり、ひとつひとつがそれ自体で無限のエネルギー源になっている。

     
集合点の移動  

人間の内部のエネルギーフィールドのうちのひときわ眩しい一点が、その周りに光を照らし知覚を生じさせる。この輝きを集合点(意識)といい、集合点は人間の表面上の他の場所や内部に移動しうる。集合点を別の場所に移動させると、新しい百万もの輝くエネルギー糸の束がそこに集まるので、、普段使われていないエネルギーフィールドの束を輝かせ、それを利用することができる。そして呪術師が知覚している世界を知覚することができる。集合点を移動させる方法としては、ドラッグ、空腹、疲労、ストレスの状態に身をおくこと、そしてとりわけ夢を操ることがある。

     
第1の注意力   日常世界の意識
     
第2の注意力   もうひとりの自分(幽体)の意識。第二の注意力は輝くからだに属し、ほぼ胃とヘソの中間点の前方1.5フィート、そこから4インチ右寄りのところにある。第2の注意力は戦士の戦場であり、第3の注意力へ到達するための訓練場のようなものである。
     
へこみ   第2の注意力にあるへこんだ中心。第2の注意力に入った時、意識がここに休みにくる。
    人間のまゆにへこみをつくることによって、意識の輝きを近くの放射物にまで拡げられる。
     
裂け目  

へこみは一時的なものであるが、裂け目は永久的なものである。意志はへその下にある裂け目から噴出する。意志を発達させるに従って、裂け目が開いていく。通常は裂け目はこぶし程度の大きさだが、病気などで集合点が変わり、裂け目が人間のまゆの幅いっぱいにひろがると、その人間は死ぬ。人間のまゆの中に眠っていた使われていなかったイーグルの放射物は、死の瞬間に裂け目から一斉に解き放たれ、生きている者は想像もつかないような力で押し流される。

     
ナワールの一撃   カスタネダはしばしばドン.ファンに背中を叩かれることにより、へこみができ、高められた意識へ移行した。このナワールの一撃により、肺の空気がすべて外へ出てしまい、その肺を空気で満たすには思いっきり吸い込まなければならない。その呼吸が重要なものだと信じられていた。
     
第2の注意力に入る修行法   同じもの(例えば葉のようなもの)をずっと見続ける。もしくは単調なことばと複雑な動きのくりかえしという儀式的な行為をすることによって、内部の対話を止める。意識を体の中心(腹)に置く。目の焦点を、第二の注意力の先端に合わせる。
     
第3の注意力   人間のまゆの内部にあるすべてのイーグルの放射物を燃え立たせるときに得られる全体意識。相当数のエネルギー・フィールドが明るいまゆの内側で輝きだすときには、呪術師はエネルギー・フィールドそのものを見ることができる。戦士のなかから自尊心がすっかりなくなり無にになったときだけ全体意識はやってくる。人は第三の注意力に入ることにより、ふつうなら死の瞬間に失う意識を死んだ後も保持することができる。
     
最後の旅   意識はイーグルによって貸し与えられたものであり、人間は死ぬと意識をイーグルに返さなければならない。呪術師は、第3の注意力に到達したり、反復の修行をすることによって意識をイーグルに返すことを回避することができる。すなわち、死んだ後に、われわれの全存在はエネルギーに変わり、意識はもってるが肉体をもっていない存在に進化することができる。そして意識の暗い海(無限)を旅する。それを最後の旅という。
     

 

忍び寄り   第1の注意力(日常生活の意識)での戦士の修行方法。争いや欠乏、緊張といった劇的な環境によって、集合点が移動した時、正常な状態に戻るのを切望するかわりに、呪術師が行う行動原理。異常な行動が体系的なやり方で、うまく導かれて実行されれば、最後には集合点を動かせる。忍び寄りは集合点をわずかずつ、しかし着実に動かし、そうして戦士に自分自身を強化する可能性を与える。
     
   第1の原則   戦士は自分の戦場を選ぶ (準備をする)
   第2の原則   不必要なものをぜんぶ捨てる
   第3の原則   どんな闘いでも、それには命がかかってる
   第4の原則   楽にして、自分を捨て、なにも恐れない
   第5の原則   手に負えないものごとに直面したら、戦士はしばらく退却する
   第6の原則   戦士は時間を圧縮する
   第7の原則   戦士は自ら一番前には出ない
     
人型   人間の慣習などで歪められたエネルギーの場
     
超俗   人型をなくした状態。超俗を身につけた戦士は他人に影響されることはない。
     
小暴君    小暴君は、自尊心を捨てさせ、忍び寄りの原理を使うことを強要し、集合点を移動させるのを補助する人。 例えばパワハラの上司など
     
反復    自分の人生の生活の細部まで思い出す修行。ただ単に思い出すだけでなく、過去の出来事の状態に集合点を移動させる。反復によって、集合点は現在の位置と反復されているできごとが起きたときの位置とのあいだを往復する。人生の完璧な複製物をつくるまで反復すれば、死後も意識を保持することが可能である。死後に人間の意識を糧とするイーグルは意識のかわりに、その代用物である完璧な反復を受け入れてくれるということがあるからである。
     
履歴を消す  

自尊心をなくすこと。自らの行動に責任を負うこと。死を助言者として役立てること。この三つの技術で、戦士は履歴(それによって個人が社会に縛られているもの)を消す。

     
死を助言者とする   呪術師が普通の人間よりも有利な点は、自分が死にゆく存在であるのを知っていて、それを片時も忘れないことである。自分の死についての考えこそが、この世でもっとも真摯な考えである。
     
完全無欠の生活  

従事するすべてのことに最善をつくして、時間を持っていないと感じる生活をすること。内省をなくして、エネルギーを蓄えること。エネルギーを節約することで完璧になる。完全無欠の生活は戦士に活力と若さと力を与える。

 


 

夢見   夢の中では集合点が左側に移動し続けている。夢を利用して、その集合点を固定することによって、夢見の注意力から第2の注意力(幽体の意識)に入る技術。人間は玉ねぎのようにいくつもの層からなっていて、その層が分離すると死ぬ。夢見は層の重なりを締める。日常的な世界でするのと同じように夢のなかで行動し第2の注意力を第1の注意力がもっているレベルまで高めると、夢見のなかでつくられたもうひとつの自己がうまれる。ふたつの注意力をしっかり結びあわせた呪術師は死なない。
     
夢見の注意力   夢のなかのもの(例えば手など)に集中することによって夢見の注意力を鍛える。 または夢の中で飛ぶことにより、普通の夢を夢見に変えることができる。夢見の注意力とは集合点を夢のあいだに移動した位置へ固定することによって身につく制御力。第2の注意力は大洋の如し、夢見の注意力はそれに注ぐ川の如しである。
     
   第一の門   夢見の第一の門に到達することはエネルギー体に到達することである。エネルギー体を維持する基盤はエネルギーだけにある。私たちはすべて定められた量の基本エネルギーを持っていて、エネルギーというのは蓄積していくものである。呪術師は普段の生活から余分なエネルギーを切り取って夢見の為に利用する。もっとも効果的なのは”自尊心をなくすこと”である。人間は自尊心に莫大なエネルギーを浪費させられてるからである。
     
特定の生命状態を鋳型に入れてつくる   呪術師が自分のエネルギーを、普段の生活から余分なエネルギーを切り取って、エネルギー体に移動する方法。仙道では小周天により丹田に陽神(エネルギー体)を育てていくが、それに類似している。
     

エネルギー体に到達する方法

  深い眠りに入る前にある感覚を自覚する。その時、エネルギー体に自分が眠りに落ちるのを気づかせるように意図する。自分自身で眠りに落ちるのを意識するのではなくエネルギー体に意識させる。
     
エネルギー体   形はあるが質量はない。純粋なエネルギーだから一瞬のうちに宇宙の果てまで移動するといったことができる。エネルギー体を使うには三つの方法がある。世界のエネルギーを直接知覚すること。また普通の世界を知覚するように知覚すること。宇宙に存在するエネルギーの流れを自分を上昇させるのに使うことである。
     
   第二の門   夢見の中で非有機的存在(盟友)を呼び出し、非有機的存在の世界に行く。そこは、普通の夢とは異質の別世界のようなもので、その世界に行くことによって、他の領域へ飛んだり、エネルギー体を鍛えたりするのに必要な大量のエネルギーを手に入れることができる。
     
非有機的存在(盟友)   地球上にはニ種類の意識体があり、有機的と非有機的な意識体がある。両方とも輝く物体で宇宙のエネルギー糸に貫かれているが、かたちと輝度が異なっている。非有機的存在は長くくすんでいて、有機的存在は丸く明るい。また有機的存在の意識と生命は短命で、非有機的存在の生命は無限に永く、その意識ははるかに穏やかで深い。非有機的存在は夢見の中では、多くの場合はわれわれの目の前で実体化する。非有機的存在に関する秘訣は恐れないことであり、人が彼らに送る意図は、力と自身の意図でなければならない。非有機的存在は優れた意識を使い、夢見るものに大きな吸引力を及ぼし、ことばにできないような世界へやすやす運んでいくことができる。非有機的存在と呪術師は友情の絆を結んで、エネルギーの相互交換をすることができる。
     
   第三の門   エネルギー体を強化する。 夢見のからだ(幽体)は集合点の位置である。エネルギー体がみずから動くことのできる瞬間、呪術師は エネルギー体を完璧なものにするために集合点をその位置に固定する(忍び寄る)ことを意図する。第二の注意力に神経を集中させる夢見る者の力が強ければ強いほど、自分の第二の注意力を、未知の奥深くまで発射することができ、夢見の発射を長つづきさせられる。
     
 夢見の技術
 

夢見のなかでは、おへそに注意を払う。おへそを何かが押さえるといった感じを持つことによって、夢見の映像を保つのが楽になる。

     
 夢見と集合点   集合点の左側への移動が夢を生み出している。奥深く移動すればするほど、夢はより鮮烈に、より奇怪なものになる。ふつうの眠りは集合点の移動は人間の帯のどちらかの端に沿って起こる。そうした移動は、つねに眠りと対をなしている。訓練による集合点の移動は眠りと対をなすことはなく、人間の帯の中央部に沿って移動する。その位置が高められた意識からさらに左側奥深い別の地点まで行くと、夢見のからだの位置になり、ぼんやりした光になる。
     
 集合点の固定   集合点を夢見の位置に固定するには、凝集力と均一性を磨くことが必要である。凝集力が強いと夢の映像がはっきりする。均一性というのは、同調して集合点を同じ場所に保つことである。均一性と凝集力の再編とは、集合点を別の位置に保ち、それがもとの場所へ戻らないようにすることによって第2の注意力に入ることである。忍び寄りの技は、集合点の固定と関係がある。それゆえ夢見と同じく、忍び寄りの技も重要である。
     
忍び寄るものに忍び寄る   非有機的存在の領域から意識的にエネルギーを引き出す方法。まず非有機的存在の世界に行き、その世界に入ったら普通の意識をエネルギー体に移す意図を声に出す。意識の移動は、必要なエネルギーをもっているなら、意図を声に出すことで可能である。他の世界に行く旅には二種類あって、ひとつは意識が呪術者のエネルギー体を拾い上げてそれを連れていく旅、もうひとつは呪術師が意識の道を利用しようと自覚的に決定する旅である。見る呪術師にとって、意識というのは輝きであり、呪術師は自分のエネルギー体をその輝きにからませて出発する。そうすることで、非有機存在のエネルギーを利用するけれども、非有機的存在の影響を回避することができる。
     
   第四の門   第二の注意力のなかで意図する。 夢見の中の霧の壁(平行線)を意図(からだの中心部に焦点を定めた強烈な願望)によって、超えることによって、全体意識(第3の注意力)への入口に直行する。
     
意識の暗い海の旅   内的沈黙をすることによって、別の場所に旅すること。夢見との違いは自分は現にこの場所にいるのだ、という圧倒的な感覚に襲われることである。
     

 

意図の熟練   忍び寄り、夢見と並ぶ、戦士の技術の1つ。戦士はまず忍び寄りを学ばなければならない。そのあとで意志を学ぶ。そうしてはじめて、戦士は思いのままに集合点を動かせるようになる。
     
意志   宇宙にあまねく存在する力で、物事を変化させたり整理しなおしたり、あるがままの姿に保ったりする力。精霊とか、抽象とかナワールとも呼ばれ、直感により、人に啓示を与え導く。意志は知覚を引き起こす力である。我々は知覚することが原因で意識をもつのではなく、意志が圧力をかけ、侵入する結果として知覚する。意識(知覚)とは、エネルギー・フィールドの輝きであり、エネルギー・フィールドを輝かせる力は意志と名づけられることになった。
     
意図   目的をもった意志。意図する唯一の方法は意図しようとしているものに自分の意図を集中させることである。新しい意図、新しい命令を設定したら、その命令はイーグルの命令になる。 それが、意図の熟練の本質である。
     
高められた意識   人は異常なストレスをもつと高められた意識状態からふつうの状態へ移ったり、その逆のことが起こったりするのが常だという。高められた意識状態とは、集合点の位置で、意志への入口である。そこから左側奥深い別の地点までは、ほんの一歩であり、意図して集合点を左側奥深く夢見の位置まで移動させることが可能である。
     
憐れみのない場所  

憐れみのない場所は集合点の位置で、自己憐憫を無力化する位置。目と意志はじかに結びついていて、集合点が憐れみのない点まで移動すると、目が輝きはじめ、呪術師は自分の目の輝きを使って集合点を動かすことができる。

     
沈黙の知   意志との直接の接触である集合点の位置。完全な知識をもってるが言葉で説明することができない。沈黙の知に集合点が移動すると、ふたつの場所に同時に存在するといった知覚をもたらす。第一の点は理性で、沈黙の知の位置は、そこに到達するのに第二の点である憐れみのない場所を通らなければならないので、第三の点と呼ばれる。
     
抽象の核   普通の人と意志をつなぐ環は死んだも同然で使い物にならないが、呪術師は不屈の意志によって、まず、この環を生き返らせことから始める。呪術師のあらゆる行為は、彼らと意志をつなぐ環を強める方法として、あるいは環そのものによって引き起こされる反応として演じられる。抽象の核は、われわれが意志を意識し、認識する度合いを映すものである。
     
精霊の顕示(第1の抽象の核)   まずわれわれと意志とのあいだの環が活性化すると、直感という形で精霊(意志)が顕示する。
     
精霊のノック(第2の抽象の核   精霊の顕示(第1の抽象の核)が、意志(精霊)が造りだした呪術師の前に置かれた建築物のようなものだと仮定すれば、精霊のノックは、意志(精霊)によって呪術師にその建築物の中に入るよう強制する一連の出来事
     
精霊のトリック(第3の抽象の核)   精霊のトリック(第3の抽象の核)は、自分への忍びよりとか、環の掃除とかいう名で呼ばれる。呪術師と意志をつなぐ環に揺さぶりをかけられると、呪術師は忍び寄りの術を使わなければならない状況になり、高められた意識に集合点を移動する。高められた意識は意志の入口である。
     
精霊の来訪(第4の抽象の核)   意志(精霊)が呪術師の前に、みずからを顕す。精霊の来訪は、精霊がわれわれの内省の鎖を断ち切るときに起こる。精霊に触れるだけで、集合点は移動する。
     
意志の要求(第5の抽象の核   憐れみのない場所は呪術師が到達する意志のレベルで、目が輝き、意志が目によって意図されることによって、自分や弟子の集合点を動かすことができる。
     
意志の操作(第6の抽象の核)   理性と沈黙の知とのあいだを意のままに動く。そのためには完全無欠な生活をして充分なエネルギーをもたなければならない。あるいはエネルギーがなくても、生死がかかっている切迫した状況に直面すれば、理性と沈黙の知とのあいだを行ったり来たりすることができる。

      

    参考文献 カルロス・カスタネダ シリーズ