ナワリズム

知覚の泡  

人間の知覚の泡は上の図のように構成されている。最初知覚の泡は開いているが、しだいに閉まりはじめ、大人になると閉じ込められてしまう。普通の人間は理性でしか知覚しないが、トナールの島を片付けることによって戦士の泡の反面は意志で占められるようになる。

     
トナール   海に浮かぶ島のようなもの。人の誕生で始まり、死をもって終わる。トナールが縮むと、ナワールが優勢になり、異常なことが起こりうる。強いトナールは縮みやすいトナールで、内部の対話を止めたり、自尊心を失くしたりすることによって、それが可能になる。
     
ナワール   感覚、実在、自己などといった全てのものが、永遠に変わらずナワールの中をただよっている。死とともにあらゆる個々の認識が分離して、それらがやってきたところすなわちナワールに戻る。
     
     
理性   理性では、トナールのみを認識できる。
     
意志   臍の下の見えない開口部から放出される力  意志によってのみナワールを目撃できる。
     

 


 

イーグル   あらゆるものの源になっている漠然とした力。人に意識を授け、人が死ぬときに放棄する豊かな意識を食いつくす。
     
イーグルの放射物   宇宙はイーグルから放射される光のエネルギーフィールドが無限に集積したものである。人間も同じように光の無数のエネルギーフィールドから成っている。その光の繊維には自覚があって、活きていて、振動していて、量は無数にあり、ひとつひとつがそれ自体で無限である。
     
集合点   人間の内部のエネルギーフィールドのうちのひときわ眩しい一点が、その周りに光を照らし知覚を生じさせる。この点を集合点といい、集合点は人間の表面上の他の場所や内部に移動しうる。集合点が移動すると新しいエネルギーフィールドを輝かせ、それを知覚可能にする。
     
第1の注意力   日常世界の意識
     
第2の注意力   もうひとりの自分(幽体)の意識。第二の注意力は輝くからだに属し、ほぼ胃とヘソの中間点の前方1.5フィート、そこから4インチ右寄りのところにある。日常的な世界でするのと同じように夢のなかで行動し第2の注意力を第1の注意力がもっているレベルまで高めると、夢見のなかでつくられたもうひとつの自己がうまれる。ふたつの注意力をしっかり結びあわせた呪術師は死なない。
     
第3の注意力   人間のまゆの内部にあるすべてのイーグルの放射物を燃え立たせるときに得られる全体意識。人は第三の注意力に入ることにより、ふつうなら死の瞬間に失う意識を保持することができる。

 

忍び寄り   第1の注意力(日常生活の意識)での戦士の修行方法。争いや欠乏、緊張といった劇的な環境によって、集合点が移動した時、正常な状態に戻るのを切望するかわりに、呪術師が行う行動原理。異常な行動が体系的なやり方で、うまく導かれて実行されれば、最後には集合点を動かせる。忍び寄りは集合点をわずかずつ、しかし着実に動かし、そうして戦士に自分自身を強化する可能性を与える。
     
   第1の原則   戦士は自分の戦場を選ぶ (準備をする)
   第2の原則   不必要なものをぜんぶ捨てる
   第3の原則   どんな闘いでも、それには命がかかってる
   第4の原則   楽にして、自分を捨て、なにも恐れない
   第5の原則   手に負えないものごとに直面したら、戦士はしばらく退却する
   第6の原則   戦士は時間を圧縮する
   第7の原則   戦士は自ら一番前には出ない
     
人型   人間の慣習などで歪められたエネルギーの場
     
超俗   人型をなくした状態。超俗を身につけた戦士は他人に影響されることはない。
     
小暴君    小暴君は、自尊心を捨てさせ、忍び寄りの原理を使うことを強要し、集合点を移動させるのを補助する人。 例えばパワハラの上司など
     
反復    自分の人生の生活の細部まで思い出す修行。ただ単に思い出すだけでなく、過去の出来事の状態に集合点を移動させる。

 


 

夢見   夢の中では集合点が左側に移動し続けている。夢を利用して、その集合点を固定することによって、夢見の注意力から第2の注意力(幽体の意識)に入る技術。
     
   第一の門   夢のなかのものに集中することによって夢見の注意力を鍛える。 または夢の中で飛ぶことにより、普通の夢を夢見に変えることができる。夢見の注意力とは集合点を夢のあいだに移動した位置へ固定することによって身につく制御力。第2の注意力は大洋の如し、夢見の注意力はそれに注ぐ川の如しである。
     
   第二の門   夢をみている夢を見て、その夢から目覚める。非有機的存在の世界に行く。そこは、普通の夢とは異質の別世界のようなもので、その世界に行くことによって、夢見をするために必要なエネルギーを手に入れることができる。
     
   第三の門   眠ってる自分の肉体を見る。エネルギー体を強化する。 夢見のからだ(幽体)は集合点の位置である。エネルギー体がみずから動くことのできる瞬間、呪術師は エネルギー体を完璧なものにするために集合点をその位置に固定する(忍び寄る)ことを意図する。第二の注意力に神経を集中させる夢見る者の力が強ければ強いほど、自分の第二の注意力を、未知の奥深くまで発射することができ、夢見の発射を長つづきさせられる。
     
   第四の門   第二の注意力のなかで意図する。 夢見の中の霧の壁(平行線)を意図(からだの中心部に焦点を定めた強烈な願望)によって、超えることによって、全体意識(第3の注意力)への入口に直行する。
     

 

意図の熟練   忍び寄り、夢見と並ぶ、戦士の技術の1つ。戦士のあらゆる行為は、彼らと意志とをつなげる環を強める方法として、あるいは環によって引き起こされる反応として演じられる。
     
意志   宇宙にあまねく存在する力で、物事を変化させたり整理しなおしたり、あるがままの姿に保ったりする力。精霊とか、抽象とかとも呼ばれ、直感により、人に啓示を与え導く。
     
意図   目的をもった意志。意図する唯一の方法は意図しようとしているものに自分の意図を集中させることである。新しい意図、新しい命令を設定したら、その命令はイーグルの命令になる。 それが、意図の熟練の本質である。
     
高められた意識   高められた意識状態とは、集合点の位置で、意志への入口である。そこから左側奥深い別の地点までは、ほんの一歩であり、意図して集合点を左側奥深く夢見の位置まで移動させることが可能である。
     
憐れみのない点  

憐れみのない点は集合点の位置で、自己憐憫を無力化する位置。目と意志はじかに結びついていて、集合点が憐れみのない点まで移動すると、目が輝きはじめ、呪術師は自分の目の輝きを使って集合点を動かすことができる。

     
沈黙の知   意志との直接の接触である集合点の位置。完全な知識をもってるが言葉で説明することができない。