仙道

仙道    陰陽マーク    肥田 春充   白隠禅師 

仙道(内丹術)
小周天  
(精) 外に走泄しようとする精を下腹部にあ丹田で練り、キ(精のもと)に逆行させる。
(神) 神(意識)を丹田に置き、神(意識)とキ(精)と融合させ、陽気とする。
(小周天) 丹田で発生した陽気を、呼吸を使って、体内を循環させる。
(小薬) 小周天を続けてると、丹田の陽気はだんだんねばっこく濃厚な感じの気(小薬)に変わる。
文火と武火の瞑想法を交互に行う
(文火) 無念無想で呼吸も意識しない瞑想法。この状態を続けると丹田で精が練られる。

(武火) 無念無想だが呼吸のみ意識する瞑想法。丹田に発生した陽気を呼吸を使って、体内を周らせる。

(奇経八脈) 任脈、督脈を含む気の経路。普段は閉鎖されているが、小周天により開通させる。
 
(起火) 神・気・精を丹田に集め、陽気を発生させる。
   
(河車通関) 陽気を丹田から尾てい骨まで導く。
   
(進陽火) 陽気を督脈(背骨)にそって上昇させる。このとき熱さを背骨に感じる。
   
(退陰符) 陽気が泥丸までいくと熱がさめ冷たい感じになる。これを任脈を通して丹田にもどす。
   
大周天 小周天を修練していくと、潜在的なエネルギー(先天の気)が発動する。それに伴い、さまざまな現象が起きる。
(採薬) 丹田に粘っこい小薬という陽気の固まりができる。小薬はさらに発展して、大薬となる。万病に効くとされている。小薬ができたら、日常生活においても、常に丹に保持し続けるようにする。
(玄関一竅 げんかんいっきょう)  体内と宇宙の接点。ここが開かれた時宇宙の真陽が体内に流れ込む。
(馬陰藏相 ばいんぞうそう) 生殖器が畏縮して勃起しなくなる。
(陽光三現) 眉間に光が現れる。  
(真気発動) 潜在的なエネルギーが、体の中を突き抜けて頭頂を開く。それに伴い超能力が発現することもある。
陽神 大周天後に丹田に陽神を育てる。陽神とは幽体とは違い、陽気から成る。陽神を育て上げることで、瞑想者は不老不死の気からなる体を獲得する。

陰陽マーク
あのマクモニーグルが精神集中するためによく使うイメージである。 もともとは道教で使われていて、陰陽を表す。道教の陰陽思想では、すべての物象は、陰と陽二つの気が相互作用した結果だとしている。黒の中に白い点があり、白の中に黒い点があるのは陰陽の調和を表している。 気を練る時のイメージとしてもいいのではないかと思う。

 

肥田 春充(ひだ はるみち)
 春充は、腰腹間にある一点を正中心(仙道でいうところの下丹田)と名づけ、そこから発する絶大な力を中心力と呼んだ。正中心練磨を行なうことにより、中心力が脊髄を通り、脳幹を覚醒させることができる。
 
腰腹(ようふく)同等の力        腰は反り、腹を落とす
   
呼吸法        吸気は胸式呼吸で、腰を基点にして筋肉を弛緩させる。爪先に重心を落とす。
吐気は腹式呼吸で、腹が土台にして筋肉を緊張させる。足裏全体に重心を落とす。
呼気は加速度的に        最初は弱く細くゆるやかに吐き、漸次、強く、太く、早く吐く。
呼吸停止        呼気と吸気の間に、3秒間、呼吸停止する。
   
一筋の緊張        全身の力をひとつの筋肉にこめる。目的の筋肉9分の緊張に対して、中心力10分の割合で力をこめる。
   
集約拳 人差し指と中指を曲げ、その上に親指をのせ、最後に薬指、小指をのせる。この握り方をすれば、鉄棒を握ったような力が五指に入り、鉄棒がなくても簡易的に正中心腰腹練習法を行える。
   
気合        全精神を丹田に潜めた瞬間の勢い、瞬間の力をもって、肥田式強健術を行う。
   
瞳孔不睨(どうこうふげい)        両目は無我無心に、まばたきを少なくして見開いて、一物を凝視したりせず、視線を定める。正中心が決まり無我無心になった時の目つき。逆に瞳孔不睨によって、正中心を決めることができる、
 
正中心腰腹練習法(上体より)
   

吸気:体をリラックスさせる。胸式呼吸で腰が基点。胸を開き気を背骨に沿って上昇させる。

息を吸いきったら、呼吸停止3秒間。

呼気:鉄棒を胸部の上に持ち上げながら、息を吐き出す。腰腹大緊張。緊張の度合いは中心力10分腕の筋力8部の割合。腹式呼吸で腹が基盤。 精神を丹田に置き、思考は自ら停止する。

息を吐ききったら、呼吸停止3秒間。

   
正中心腰腹練習法(下体より)

吸気:直立不動の姿勢で鉄棒を持つ。爪先と爪先の内側の間隔が約15センチ。踵と踵の内側の間隔が約7.5センチ。精神を下腹丹田に収める。穏やかに、息をすいこむ。呼吸停止3秒間。

呼気:息を吐きながら、両膝を曲げて、爪先立ちとなり尻は踵から約20センチくらい離す。両腕は膝頭の上方12センチぐらいにおく。腰腹に力をこめ緊張する。緊張の度合いは中心力10分腕の大腿四頭筋8部の割合。呼吸停止3秒間。
 
聖十字架操練(そうれん)法
吸気:掌を下に向け、腕を曲げて、人指し指を脇の下にもってくる。胸を開いて息を十分に吸い込む。吸い終わったら呼吸停止3秒間。
呼気:下腹部を緊張させながら、力強く息を吐きながら、両腕を体の中心線に対して約45度の方向に伸ばす。掌は外側に向ける。呼吸停止3秒間。
 
両手の人差し指を結ぶ直線と、頭と足を結ぶ正中線が、正中心で交差するように行う。両足の親指に力を入れて、十分に伏せて伸ばす。
 
 

白隠禅師

江戸時代の臨済宗の中興の祖。若い頃に、禅病にかかったが、
仙人のような白幽老人に「 内観の秘法」 「軟酥(なんそ)の法」
を教示され、それを実践した事により、難病を克服した。
著書「夜舟閑話」にその体験が綴られている。

 

内観の秘法

丹田に意識を置き、

「我が此の気海丹田・腰腹足心、本来の面目(本来の自己)」

「我が此の気海丹田・腰腹足心、本文の家郷(自分の故郷)」

「我が此の気海丹田・腰腹足心、唯心の浄土(極楽浄土)

「我が此の気海丹田・腰腹足心、己身の弥陀(阿弥陀仏)

と唱える。

吐く時に腹をへこませる丹田呼吸法を行い、

心気の「火」を丹田に下げて、

腎の「水」を上げて丹田で交わらせる。

これを名づけて「交」という。

 

軟酥(なんそ)の法

息を吸うごとに、頭上に溶けた軟酥をイメージして、

息を長めに吐くごとに、その溶けた軟酥が足心に到るまで、

体中を潤しながら流れ落ち、

その際病気の箇所があれば、溶けた軟酥によって

修復されるのをイメージする。