聖中心道 肥田式強健術     

               肥田春充著 壮神社(抜粋)

  
思考の作用は、ピタリと機械的に停止され、ダイヤモンドの神殿が築かれ、天地は燦然として輝く(序論
 
正しい姿勢によって、腰腹同量の力を養い、この力を練り、正中心を把握して、自分の精神を完全に機械的に支配しえる(序論
 
一筋の緊張とは、全身の力を、一つの筋肉に込めることである。そして一筋九分の緊張に対して、中心力十分の割合を以って鍛錬し、目的以外の筋肉は、なるべくこれを弛弛せしむるのである。(P67
 
姿勢の中心が、腹と腰の間に、正しく在ると、一挙一動悉く自然と、武術の態度に合致して来る。(P91
 
上体の基点は腹である。腹というのは解剖的にいうと腹直筋の中央に力を入れることであって、力を入れるとは緊張させることである。そして下体の枢軸は腰である。腰というのは解剖的にいうと椎骨と仙骨ろの接合点に力を入れることである。力を入れるとは反ることである。反るとは腰をすへることであって、上体はまっすぐ、重心は両足の中心に落ちる。(P91)
 
演説における姿勢の力が如何に、偉大なものであるかということを。(P94
 
腹筋を緊張させる方法はいくらでもあるが、最もた易く、最も有効に、極度の大緊張をあたえるには、どうしても足から来なければならない。・・・しかも大なる丹田力は、かかとから来なければならない。(P99
 
チャント道理のかなった方法に、ウント力を入れ、精神を注ぎ、生命を打ち込んでやる。(P107)
「気合」を込めて運動をやれば、時間を永くやる必要は断じて無い。(P108
「気合」の本常の意義は、全精神がピタリと、正中心点に合致した時の、状態に他ならぬ。ただ其れだけだ。それ以外は何もないのだ。(P109)
 
横隔膜を緊張させて、腹部諸機関を圧下すると共に、下腹筋肉を緊張させ、腰を落として臍下一寸三分の処に、自ら力が這入るようにするのである。(P111
 
腰と腹の形を正しくして、他はすべて自由な楽な、気楽な姿勢をとるのである。言葉をかえていえば、平心の秘訣は腰をすえて、肩の力を抜くにあり。すなはち平静なる精神を養うにも、一番肝要なことは、正中心の形を得ることだ(P118)
 
視点は一定の箇所を定めるけれども、視線は虚空に浮べて、視界視野を無限大にするのである。実際上は只無邪気に只無心にパッと見開いて、まばたきを少なくしているだけである。(P120
眼光を中心に注げ。期せずとして無心となり、心眼おのづから開かれむ。(P120)
瞳孔不睨は、精神の抽象的中心を肉体の物理的中心に合致統一せしむる最良の道であって,腰腹正しく、眼光澄み渡る時、心身共に中心丹田において、復活更正し、そこに輝かしき新世界が、展開せらるるのである。(P121)
 
心身修養の道は、まづ形を練った方が良い。形を錬るの秘訣は、精神を気海丹田に凝らすのが良い。気海丹田即ち中心に精神が籠もると、おのづから形即ち体が確りして来る。(P125
 
これ私が中心力10部 部分力即ち各主要筋肉の緊張9部を以て、運動練習を行う所以である。(P130
 
同位置に於ける、踵の踏付の強弱は、中心力の強弱に比例する。この中心力をこしらえた上に眼光を定め、呼吸を整え、精神を集中したのが所謂気合であって、心と体はここに全く合一するのである(P134
 
爪先と踵との直角が出来ると、腹と腰とには自然と同僚の力が這入り、上体の姿勢は自ら正しくなる。(P135
 
而してこの十年来、私は正中心の大緊張、日々僅かに二十回、時間にしてタッタ数十秒時に過ぎないのである。(P138
正中心の至誠凝って直ちに、天の至誠の中心と相通じ、天地の万象燦然と輝くの聖境を啓かれたことである。(P138)
 
私の運動法の基礎に、中心の緊張、即ち丹田に気たんを練るの、一事を置いて、深く其れに修養を積んだ結果であると思う。(P153)
 
中心正しければ、自ら無念無想となる。無念無想で中心を鍛えて居れば、新生命は常に沸き起こり、進境は絶えず展開されてくるものである。(P168
 
鼻孔から空気を呑吐する事幾回、腹部と胸部は交互に、見る見るうちに膨らんで、まりの如くに膨張する。(P176)
 
全身は極めて柔軟であって、目的の筋肉だけ石のように、固くすることが出来るのだけれども、其の時には腹部は其れよりも、更に一層の大緊張をしていることを忘れてはならない。(P177
 
川合式には硬軟二種の方法があって、一は脚を使って気合を込め、最も完全なる最も確固たる緊張を各主要筋肉にあたえるのであるが、もう一の方は、吐く息を利用して、腹に力を入れ、身体各部を鍛えるのである。(P184)
 
正中心力なる物理的生理的鍛錬から、心身合一の極致に到り,進んで「天と我」との妙諦を悟得し、更に「神人合一」の絶対境に入れば、正中心は純化せられて聖中心となるのだ。神聖中心は、永遠の霊光に包まれ、真神の宿り給う活ける神殿となるのだ。(P198
 
掃除する場合でも、畑を耕す場合でも、木を切る場合でも、一切の仕事をする時に、おのずから中心力が基礎となって、働くのであって、期せずして最高能率が発揮されるのである。(P221
中心力の偉効は、強健術、武術、禅の悟にのみ限られたものではない。中心の根本を養って、日常生活の一切に、それは自ら、基調になるようでなくてはならない。(P221
 
我が正中心を以て、直に大自然の懐び溶け入り、我が正中心のの至誠を以て、直に天の至誠と相交わり、楽しみ無限である。しかも全身、足のさきから頭のさきに至るまで、至健至強、活力精気溌々として充ち溢れている。(P224)
 
熟眠約二時間、それから起きて、必ず必ず、正中心の大緊張二十回を、全精力を集中してやったと云うことだ。それによって、徹夜の疲労は、悉く一掃されて、明朗なる心身の状態を回復する(P251)
 
大正一二年六月十八日の夜、純真なる本我に於いて、熱誠をこめ、生命をぶち込んで、練習して居ったところが、型も原則も、悉く吹き飛ばされてしまって、ドカッー明快な無限の力が、正中心からほとばしり出た。(P259)
 
心身両方面を、同時に完全に、修養するの秘薬は、腰腹同量の力が造る、正中心の一点にあり。(P267
 
一切をぶち切って、完全虚無の聖境に躍入するのには-己を捨てるのだ。己を斬り刻むのだ。己を殺すのだ。(P285
 
腰と腹との中心を錬れば身体強健となり、精神は自ら純潔無垢となる。足の先から頭の先まで活力は充実し頭脳は明朗澄徹一点の曇りもない。(P289
 
只正中心の大緊張二十回、方法は二種、これに要する時間は、僅々三四十秒にして足るという、簡易なものにしてしまったのである。(P294)
 
雨降り風荒れ、陰森の気、山野を閉ざす朝でも、中心生命力の発動二十回で、私は惚として、清新なる光明界に躍出する。(P296)
 
至大至剛の気を腰腹の正中心に納め、永の年月ただそれのみを守り、ただそれのみを養って、脇目も振らずに精進し、何ものにも惑わず、何ものにも動かされず、ただただ真直ぐに正中心に向かって一直線に突き進み。確りこれを獲得した時に、金丹を作り出す中心のかまどを、サッと持ち上げて、スポッとひっくり返し、無限界の中に叩き捨てて仕舞う。そこで初めて天地宇宙と我とがただ一つの正中心体となるというのだ。(P297)
 
中心力が正しく完全に造られると、仙骨神経叢から脊髄神経を通じて脳神経を支配し、清新は機械的に自から統一される。のみならず、そこに歓喜光明の新天地が展開されるのである。(P300)
 
心炎火意を丹田及足心の間に置くのに、古人は打座と観念との方法に依ったのであるが、私は更にそこへ強大な力を起こすことにした。それが、所謂、私の「強健術」練習法である。(P304)
 
腹、腰、気海丹田、脚、足心の文字を読まれた方は、先哲(白隠)の言において、その要点が悉く網羅しつくされているのに一驚を喫せられるであろう。(P301
 
熱心に、忠実にやっているうちに、知らずしらず腰腹丹田気海が練磨され、大正十二年夏、ポカッと、心身共に完全なる正中心に、ぶち抜けた。(P307)
 
病気になったならば安静を守るのが第一である。安静を守るのには、臥床するのが一番である・(P312)
 
心持ちまでむしゃくしゃしている時-立って、強い中心鍛冶の操練を行うこと、一回、二回、三回 するとズン-ズンーズンと、放った糸を手繰るが如くに、我が心は我が内に収まって来る。(P338)
 
私は中心を鍛える時においては、まず私の一切をこれに捧げる。身も心も、-生命も、魂・・・も。(P339)
 
我が中心を修むるのはそれ自体が始めであり終わりであるのだ。それ自体が希望であり目的であるのだ。(P340
 
私は私の正中心を以て、天に連らなることが出来た。天と合一することができた。(P353
 
中心の至誠に透徹すれば、天地万物の一切は、生命の輝きに、燦然たる実況を、直視することが出来るであろう。(P356
 
何ぞ知らむ。正中心の悟得は、かくも明朗で、かくも鮮活なる現象であろうとは。頭脳益々澄徹、精神益々闊達、身体益々健全である。(P358)
 
かなり大きな推移等についても、虚無の中心を以て観察を下すのに多くは的中してほとんど誤ることはない。(P385)
 
腰腹の中心には、生命のこもった、力学的無形の球が、躍如として、潜んでいる.。(P387)
 
完全に正中心が鍛えられると天地宇宙の真理が渾然として中心に溶け込んで来て、偉大なる力が中心より発し心は自ら明朗透徹、活気全身に漲り溢れる。現に自分は、そうだ。(P420
 
突如!!未だかつて経験せざるところの、強大恐るべき力が、腰と腹との中心からほとばしり出た。(P434
 
何という力だ。何という凄い力だ。-無限の力・・・あるべからざるその言葉以外にほ、表現の道がない。(P434)
 
腰腹同量の力を造り、腰を反り、尻を突き出し、腹を下方に張り、みぞおちを丸くせず、重心は両足中央に落ちる形であったのだ。(P436)
 
見よ。我が正中心をー。そのまま燦然として、ダイヤモンドの神殿ではないか。(P440)
 
此の時をくぎって、未見の新天地は、私のうちに展開された。潤いのある大活力は常に腰腹の間を漂い、輝きのある楽しさは常に胸膈のうちに漂った。(P442
 
恍然として陶酔の堺にあるけれども、理性は益々鮮やかであって、一切はことごとく明らかである。けれどもその間、思考の機関は全く停止されている。その矛盾と調和の妙境は知る人ぞ知る。(P442)
 
心身両方面の中心が、正しく身体の物理的重点に合致した時、私の体からは、どことなく、妙なる芳香を放つことがある。そうしてそれは、丁度乳のような味を持っていることを、私は感じる。(P445
 
此の時私は、自然の法則の裡に、絶大の生命力潜み、絢爛たる大光明踊り、荘厳にして優麗なる真理の流れ、波打っているのを眺めた。宇宙は活きて居る。天地には生命がある。(P456
 
世は皆、白眼冷嘲を君の上にそそぐとも、御身をもし己が中心の鉄扉を開かれるならば、活きる自然は直ちに来って力強い抱擁を以って逆境の暗雲を拭い去ってくれるであろう。(P459
 
正中心を決めた場合、天地燦然として輝き渡るの現象も、只、完全なる健康によって、天地の実体を感ずるのだと思っている。(P460
 
・・・完全強大な中心力を造った。心身忽如として、時空を絶した永劫の浜辺にただずみ、虚無の生命と合一した。(P461
 
我れ中心の大道にあって、正しきを踏む時、神また我と共に歩み給う。(P467
 
正中心の鍛錬、二十回を終わると、無限の青春は、中心から沸き起こって来る。(P469
 
若しそれ、ピシャッと強大な中心力が生ずると、精神の中心は、自ら下って、其の一点に集中し、一切の思念観想は、機械の運転が中止したように、ピタリと停止されてしまう。(P477
 
私は、正中心の姿勢を以って、随時、随所、何時でも機械的に精神を支配して、瞬時にして、皎々たる清明界を啓き得るものであることを、一層明らかに体得することができた。(P480
 
腰と腹とが、キュッと絶妙なる緊張を来して、重心の一点から生命力が、瀑布の如く、白い絹糸の縄の如くに、両足支撑底面の中心部に向かって垂直に走るのを、明らかに感得した。(P484
 
然るに雑念が一寸でも、頭に浮ぶと、鉄棒は直ぐに重くなって来る。中心虚無の力の至妙なることを思へ。(P485
 
身体の中心に精神の中心がピタリと完全に合一した瞬間においては,道場の板も足の形に踏み抜け根太も踵の形に砕けることがある程、強大強烈なものである。(P487
 
中心に於いて統一された力が、腰に於ける仙骨神経叢より脊髄神経を通じて、大脳前頭葉の知能中枢に伝わり、判断、弁識、思考の作用が停止され、其れが最も自然なる待機的白紙状態に置かれるからである。(P495
 
私は恍然として、佇立したまま、私の凡てを以て、私の一切を以て、私のありのままを以て、無限空を支配する、宇宙の真と合一した。(P498
 
中心至誠の道に活くれば、自ら天に通じ、自然の真に連る。(P501
 
其処に別個、現実を超越した、無限の神聖界が展開してきた。ここに我が中心の無限宇宙がある。凡ては活き、凡ては輝く。(P503
 
何もかもたち去れ。一切を捨ててしまえ。而して只、中心虚無の世界へ帰れ、心虚なれば、即ち性現はる。(P513
 
中心力による剣心合一の妙諦に爽快感を覚えながら、私は独り杉の大木の下に佇んだ。スルトまあ何ということだ。ガクッと無声の響が腰腹の中心に起って、万象は忽として我がうちに収まった(P521
 
私の体全体が、此の地球と此の宇宙とにシックリと附着しており、其の中から私というものが出ている現実を直感した。そうして其れに連なっている或る強大な力を私は直感した。単なる想像ではないと私が云うのは地と私を結んだこの活きた力を明らかに感知するからである。(P523
 
中心の姿勢を土台にして働くと最高能率をあげることが出来るばかりでなく、趣味と楽しみとを以て、仕事をすることが出来る。(P527
 
ピタリッ-正中心の玄機を以って機械的に私の全精神、一切の神経作用は支配されて仕舞ったのである。そうして未知の世界、虚無の絶対境は私の眼前に展開された。オ、すべては輝いている。美しい天地!。(P528
 
肉体の中心と、精神の中心の合一を妨ぐるものは、不正の姿勢と、一切の雑念妄である。(P537
 
私は我が自己中心の至誠を以て、独り天の至誠と相対し、幅も厚さも長さもない我が中心の一点を以て、直ちに無限大の天と相連なり、無始の恒初より無窮の永遠にわたり、独り宇宙の大生命と相通ずることを直感した。(P537
 
かかる場合、私は私の正中心に魂をこめ、正中心の至誠を以て神の至誠に訴えた。神は慈愛を以て聞き入れ給い、こうして万策つきたる難問題も、解決し去って仕舞ったのである。(P548
 
正中心は歩く時、食する時、働く時、話す時、其れ自身でありたい。(P564
 
忽序、身辺の一切は悉く消融し去って絶対となり、只本我、真我、中心我、虚我のみが衷に頓在し、直に宇宙の姿誠中心と相連なることを直感した。オ、中心!、腰と腹との正中心ー(P582
 
何心なく、正中心の姿勢を決めたところが、腰腹の中間へ、パッと輝いた力が、飛び込んだ。(P583
 
私が講ずるところの、正中心による涅槃境は、全然、形、姿勢から来る。物理的解剖的、生理的のものであるから、思想観念等の、精神的心理的の力は一切借らない。借らないのみならず、それがあっては、却って妨害になるのだ。(P610
 
無念無想の聖中心界が展開された時、そこには、宇宙の万有の中に、一大生命力が燦然たる光を以って、映じ来(きた)つたのである。(P610
 
正中心…清明虚無の中心界・・・人生最高の聖境は、ここにある。ここに、我が魂は宿り、ここに、宇宙の神は鎮座し給うのである。(P618
 
中心力による労働は、無上の清快である。そうしてそこに、限りなく幸福感を伴うものである。(P651
 
姿勢を正して、街道を闊歩した時、私の中心はキチッとして、腰腹の間に目覚め、華々しき五魍三毒の現実世界は、浮雲水泡の虚出没と消融し去り、清明永劫の新天地はたちまち衷に展開せられた。(P653
 
キチッと腰腹の間に、力をまとめた時、私は忽然として、全く自我を離脱して、清浄悠久の涅槃境に入った。地球の呼吸は、私の呼吸と全く一致した。(P656)
 
中心の魂が、腰腹の中間に、ギュッと締め付けられると共に、聖光燦然たるダイアモンドの新世界は、私のうちに展開された。・・・・・・・・・私の生命は、直ちに天と地の素肌に触れて、活ける光の躍動を感じたのである。(P659
 
機械的に正中心を定めて、この大活力と、大歓喜を得る。これこそ即ち、禅の極致、悟道の妙諦であることを私は疑わなかった。(P663
 
私は私自身の中心の力を観ることができる。其れは細い線の白光である。(P678
 
アッと感じた瞬間、私は宇宙の活ける大生命の力にふれた。殊に神の強い慈愛の情にうたれた私の精神はもとより、私の体全体は一時に蕩然として天地の絶美と、至高の聖愛との中に融合し去った。(P683
 
諸君まづ、諸君の正中心を養へ。然らばその他のものは、凡て諸君にあたへらるべし。(P686
 
汝自身の正中心に、汝を置け。そうして神聖不可侵なる光明の世界を、汝の正中心に築け。(P686
 
腰と腹とに、等分の力が這入るようにするには、腰を据えて、下腹部に自ら力が籠もるようにして、正しき中心を造り、其の中心に存ずるところの人体の重心が、両足の中央に落ちるようにするのである。(P737
 
下體は虚にして實、中心は實にして實、上體は虚にして虚(P738
 
身体の中心と、精神の中心とが、腰と腹との中央に於いて、合到統一すれば、虚々然として私我没滅し、明朗たる本我中枢は復活して、思考力、理解力、記憶力、決断力等も、自ら旺盛となる。(P826
 
汝の中心に、歓喜を求めよ。汝の中心に健康を尋ねよ。拳を上げて、汝の中心の鉄扉を叩け。一度、三度、五度十度、鉄槌を振るって、荒々しく叩け。ーさらば開かれんー。(P827
 
中心からの力は、垂直に下へ走って、床をぶち抜いて、地を貫くの勢が、無くてはならない。(P836
 
眼光は、腰腹の中心からしっかり出ているが、何れをも凝視せず、全く中心に収まって、宙に浮んでいるものでなければならない。(P852
 
正中心部の強烈なる大緊張によって、脳細胞の生理的機能を機械的に停止せしめ、一切の思慮を絶して、虚無澄徹の聖明状態を造り、さらに正自然体型をとって、正中心緊張を解き、全脳幹の生理的作用を本膳的に活動せしめ、その最高能率を発揮せしむることによって、自動的に真理の実体を映写せしめるのである。(宇宙倫理の書1 P78